30,000円以内で遊べる風俗

予算が30,000円ともなれば、行けない風俗はなくなりすべての風俗で遊ぶことができるようになります。風俗の王様とも言われるソープランドに行くのもいいですし、キャバクラ→デリヘルで一杯飲んでほろ酔いで風俗遊びもできます。セクキャバ→ピンサロ→ヘルスという贅沢な遊び方もできまし、その他いろんな選択肢があります。今回はキャバクラ→デリヘルを紹介していきます。

キャバクラで遊ぶ

いきなりデリヘルやホテヘルに行けばいいと思うかもしれませんが、意外とシラフで風俗に行けない人は多いのです。友達や同僚が一緒なら行けるかもしれないですが、なかなか1人で風俗案内所に入るのは勇気がいります。そういう人のために、まずはキャバクラで一杯飲んでテンションが上げてからデリヘルを呼ぶがおすすめです。

1人で風俗に行けないならキャバクラも同じではないかと思われますが、そこは勇気を出してキャバクラに行きましょう。繁華街を歩いていれば客引きのお兄さんが声をかけてきますので、客引きのお兄さんに案内してもらうのがいいでしょう。注意してほしいのは怪しい客引きには引っかからないようしなければなりません。あくまでもお店の前に立っているお兄さんだけにしましょう。

キャバクラでの予算は5,000円くらいにして飲み過ぎて無駄遣いするのだけはやめましょう。キャバ嬢にドリンク一杯くらい奢るのはいいですが、指名や延長は絶対してはいけません。ほろ酔い程度にしておき、あくまでもデリヘルに行くためのステップですから。もし気に入った女の子だったら連絡先交換だけはしておき、今日は用事があるということで速やかに退出しましょう。

デリヘルで遊ぶ

デリヘルを利用するには、まずはラブホテルにチェックインしなければなりません。ホテル代は3,000円以下に抑えることがポイントです。近くにホテヘルがあればホテヘルでもいいですし、風俗案内所に行くのもおすすめです。酔いがさめる前にデリヘルを呼ぶ必要があるので風俗案内所ですぐに呼べるデリヘルを探してもらいましょう。

デリヘルだと60分コースで15,000円で遊べます。割引クーポンがあれば必ず利用しましょう。40分や50分のショートコースがあった場合でも60分コースを選ぶようにしましょう。ショートコースはお試し客用に安い金額になっていますが、時間が足りなかった時に延長したくても延長料金はとても高くなるので損をした気分になるからです。60分で写真指名をしてもホテル代を合わせて20,000円以内で遊べるはずです。お酒が弱い人ならキャバクラじゃなくセクキャバでもいいかもしれません。