iPhoneジャンク品(不動品)の買取相場

新しい機種でも古い機種でも動かなくなってしまったiPhone(不動品)というのは全く使い道がありませんよね。動かなくなってしまった原因は様々ですが、もしiPhone買取店に査定を出すのなら、まずはiPhone修理店へ持ち込んで修理できるか試してみてからでも遅くはありません。

電源が入らず起動しなくなったiPhoneというのは、大抵は「バッテリーの交換」や「液晶の交換」などの部品交換で修理が可能な場合があります。そのことを知らないで買取査定に出してしまうと、新しいモデルのiPhoneでも1,000円や2,000円で買いたたかれてしまいます。しかし、iPhone相場やiPhoneの故障についての知識がまったくなければ、動かないiPhoneが2,000円になったと喜んでしまうかもしれないですよね。

実は大損しているのに・・・。

そうならないためにも一度、iPhone修理店で修理が可能かどうか確認することは大切です。しかも大体の修理店は買取も同時で行っているので、バッテリー交換で直りますといわれたら、その状態でいくらで買い取ってくれますか?と聞いてみましょう。こうなるとバッテリー交換で直る端末を極端に安い査定額を提示できなくなり、適正な相場で買い取ってくれるでしょう。どんなジャンク品のiPhoneも直したほうが得なのか、売ってしまったほうが得なのかと悩まれるかとは思いますが、どちらにしてもiPhoneは、まず修理が可能かどうか確かめることが一番大切です。よほど悪質な修理店ではない限り、見積り・相談は無料ですので。損をしないためにもこれだけは覚えておきましょう。